お葬式 行けなかった

お葬式に行けなかった場合は、弔電を送りましょう!

仕事の都合や親族だけで行われた場合等、どうしてもお葬式に行けなかった場合は、直ちにお悔やみの気持ちを伝えましょう。

馴染みがなければ、マナー等が分からないと思います。実際、私も同じ状態だった為、例文が沢山あるところを探しまくり、見つけたのがVERY CARD。

何と200種類以上の例文が用意され、送る相手によって選べるほど充実!
(英文やキリスト教式にも対応)。電報で有名なNTTさんは、全く充実してなくて残念。

しかも、390文字までなら1通、1,344円(送料込み)からあり、お線香付きの、ちょっと豪華なタイプも3,000円以下とリーズナブル

当日14時までに申し込めば、全国即日配送可能

>>お葬式に行けなかった場合はVERYCARDで弔電、文例詳細はこちら<<

お葬式に行けなかった場合の、弔電基礎知識

いつまでに届ければいいの?
お通夜、葬儀の前までが一般的ですが、全て終わっていれば、早急に。
宛先は誰? 場所は?
喪主(遺族の代表者)宛が基本で、分からない場合は、
「○○様 ご遺族様」「○○様 遺族ご一同様」等とします。
それ以外の方を指定したい場合は、
『(喪主名)様方 (渡したい人)(様)』と、指定して大丈夫です。
送り先は?
全て終わっているならば、ご自宅。
連名で出す場合は?
受け取るのは遺族の為、あなたとの関係が分かるように補足を入れると親切。
「名前(○○大学 ○○年卒 学友)」等。
敬称の使い方は?
忌み言葉?(使っちゃいけません)
『度々、また、次々、つくづく、ますます、重ね重ね、再び、再度、続いて、繰り返す、返す返すも、いよいよ、皆々様、苦、九、四、死亡、死ぬ』等。
キリスト教や神道にはNG表現
『ご愁傷様、冥福を祈る、供養、成仏、往生、冥途』等

>>お葬式に行けなかった場合はVERYCARDで弔電、文例詳細はこちら<<

何らかの理由で、どうしてもお葬式に行けなかった場合は、お悔やみの言葉を直ちに送りましょう。お葬式に行けなかった場合は、悠長に構えていてはダメです。